×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME
汚れや傷のトラブル解決法
●掃除の基本
●柱・壁・床
●キッチン
●カーペット・畳
●お風呂・トイレ・洗面台
●その他
食材の保存方法
●食材別冷凍・解凍方法
●野菜の保存方法
新鮮な食材の見分け方
●魚
●肉
●野菜
野菜別お料理レシピ
●野菜別お料理レシピ
天ぷらの上手な揚げ方
●天ぷらの上手な揚げ方
上手な洗濯方法とシミ抜き
●上手な洗濯方法
●衣類の染み抜き
●衣類の早業乾燥法
便利グッズ
●手作り便利グッズ
●手作り子供グッズ
 トップ > 汚れや傷のトラブル解決法 >
掃除の基本
 
             
 掃除への取り組み方
 落ちにくい汚れとは
● 洗剤の種類別落ちる汚れ
 掃除への取り組み方
@計画を立てる
 
いろいろな場所を掃除するため、簡単な計画を立てます。
1週間に1回掃除する場所、月1回の掃除でいい場所、念入りに掃除する日などを決め、簡単な計画を立てます。
 
 
A汚れは軽いうちに落とす
 
頑固な汚れを落としているときって、イライラしたりとちゃんと汚れが落ちるか不安があったり、体力も消耗するし大変です。
『少し汚れたらすぐに掃除を』を心がければ、頑固汚れしらずです。
     
 
B適した掃除法で
 
間違った掃除方法では、掃除場所を傷つける可能性があります。
取り返しがつかなくなる前に掃除する前には一度確認をしましょう。
        
 
C 服装・髪型
 
掃除している最中に、まくっていた袖が落ちてきたり、髪が目に入るなど、イライラしないように(←私だけかも)服装・髪型の準備なども。
 
 落ちにくい汚れとは
水垢、カビ、サビ、石カス、尿石、古い油汚れ、焦げ付きが落ちにくく、完全にきれいに出来ない場合があります。
やはりこまめな掃除でしか防ぐことは出来ません。
 
 
 洗剤の種類別落ちる汚れ
酸性洗剤・・・尿石、石鹸カス、水垢
           ※材質に与えるダメージが大きいので注意が必要
 
弱酸性洗剤・・・湯垢、軽い石鹸カス
 
中性洗剤・・・軽い汚れ
 
弱アルカリ性洗剤・・・油脂汚れ、タバコのヤニ
 
アルカリ性洗剤・・・古い油汚れ、シミ
          ※材質に与えるダメージが大きいので注意が必要
 
↑このページのTOPへ
TOP >  >>

 
Copyright(C) 2007 All 内職・節約 暮らしの達人 Rights Reserved