×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME
電気代の節約
●電気代の節約基本
●キッチンでの節約
●掃除・洗濯での節約
●トイレ・お風呂での節約
●部屋や廊下での節約
●電化deナイトを使いこなす
ガス代の節約
●キッチンでの節約
●お風呂での節約
水道代の節約
●水道代の節約基本
●キッチンでの節約
●トイレ・お風呂での節約
食費の節約
●食費の節約
●レジャーでの食費の節約
日用品の節約
●キッチンでの節約
●その他の節約
本代の節約
●賢い本の買い方で節約
医療費の節約
●医療費の節約
●医薬品の節約
車関係の節約
●車関係の節約
電話代の節約
●電話代の節約
保険の節約
●生命保険の節約
カードで節約
●カードの使い分けで節約
 トップ > 保険の節約 >
生命保険の節約
いざという時のために多くの人は生命保険に加入していると思います。
しかし、加入している生命保険は本当にあなたにあっているのでしょうか?
保険のセールスレディーの方に保険の内容を説明されて、解ったつもりで契約しませんでしたか?
あなたが入院すると1日いくら入院費が出るかすぐに答えられますか?
もう一度確保険を確認してみてはどうでしょうか。
 
 
管理人が始めに調べたのは、家族・親戚の病歴と病気になった時期です。
ガンや脳卒中になった親や親戚がいれば自分も同じくらいの年齢でなる
可能性が高く、保険の対象となる病気に加えなければなりません。
ここで節約だといって、対象の病気を減らせば、後々困ってしまいます。
ここでの節約は、適した保険を選ぶことで将来節約をするということです。
 
     
家族構成も保険の種類を決めるポイントになります。
生命保険には『死亡保障』、『入院保障』、『老後貯蓄保障』があります。
管理人の家族はまだ若く、子供も小さいため夫の保険は、『死亡保障』、『入院保障』を充実させなければなりません。
管理人自体の保険は、死んでも葬式代が出るくらいで、『入院保障』を充実させました。
 
 
家族構成や年齢などによってそれぞれ適した保険を選らばなりません。
保険もいろいろとサービス内容が増えてきています。
保険は定期的に見直すことをお勧めします。
                                                   
  
↑このページのTOPへ
TOP >  >>

 
Copyright(C) 2007 All 内職・節約 暮らしの達人 Rights Reserved