×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME
電気代の節約
●電気代の節約基本
●キッチンでの節約
●掃除・洗濯での節約
●トイレ・お風呂での節約
●部屋や廊下での節約
●電化deナイトを使いこなす
ガス代の節約
●キッチンでの節約
●お風呂での節約
水道代の節約
●水道代の節約基本
●キッチンでの節約
●トイレ・お風呂での節約
食費の節約
●食費の節約
●レジャーでの食費の節約
日用品の節約
●キッチンでの節約
●その他の節約
本代の節約
●賢い本の買い方で節約
医療費の節約
●医療費の節約
●医薬品の節約
車関係の節約
●車関係の節約
電話代の節約
●電話代の節約
保険の節約
●生命保険の節約
カードで節約
●カードの使い分けで節約
 トップ > 食費の節約 >
食費の節約
  底値表を作り、安く購入する
底値表を作り、どこの店が何が安いかわかるようにし、安いところで購入しましょう。
 
  旬のものを食べましょう
旬のものは安く買え、栄養満点です。
 
  必要なものだけを購入
買い物に行く際は、購入するものをメモして買い物に行きましょう。
メモしていけば、いらないものを買う心配はありません。
 
保存できるものが安売りされていたら、底値表をチェックして安ければ即購入。
 
  おつとめ品(見切り品)の購入
おつとめ品(見切り品)といって賞味期限や消費期限が迫っているものがスーパーなどで安く売られている場合があります。
すぐに使うのならおつとめ品で問題なし、かなりの割引価格で購入できます。
 
  閉店前を狙って購入
閉店前のお店は、生鮮食品を割引して売り出しています。
お目当てのものは買えないかもしれませんが、違う食材を安く購入することが出来ます。
安い食材を見つけたら、冷蔵庫の中身とあわせて料理を考えられるレパートリーが必要ですが。
 
  ドラックストアを利用する
最近のドラッグストアは食料品も売っています。
一部の商品についてはスーパーより安いものも。
ぜひ近くのドラックストアの下見を!
 
我が家は納豆、牛乳、生めん、こんにゃく、豆腐・・・などはドラックストアでしか買わないように決めてます。ほんと安い!
  煮汁を再利用
魚を煮たり、煮物を作った際にあまる煮汁を再利用してしょうゆや砂糖代などを節約しましょう。
我が家では、炊き込みご飯に再利用します。
炊き込みご飯の調味料として炊き込み前に入れて、あとは味を整えるだけ。
うまみたっぷりの煮汁を使うからいつもよりいっそうおいしくなります。
 
 
 
↑このページのTOPへ
TOP >  >>

 
Copyright(C) 2007 All 内職・節約 暮らしの達人 Rights Reserved