×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME
電気代の節約
●電気代の節約基本
●キッチンでの節約
●掃除・洗濯での節約
●トイレ・お風呂での節約
●部屋や廊下での節約
●電化deナイトを使いこなす
ガス代の節約
●キッチンでの節約
●お風呂での節約
水道代の節約
●水道代の節約基本
●キッチンでの節約
●トイレ・お風呂での節約
食費の節約
●食費の節約
●レジャーでの食費の節約
日用品の節約
●キッチンでの節約
●その他の節約
本代の節約
●賢い本の買い方で節約
医療費の節約
●医療費の節約
●医薬品の節約
車関係の節約
●車関係の節約
電話代の節約
●電話代の節約
保険の節約
●生命保険の節約
カードで節約
●カードの使い分けで節約
 トップ > 電気代の節約 >
トイレ・お風呂での節約
 
             
 トイレ
 お風呂
 トイレ
  暖房便座
便座カバーをつければ必要ありません。
 
  ウォシュレット
できれば使わないようにしましょう。
 
 
 
 お風呂
  お風呂は連続して入りましょう  ←電気で沸かす方
お風呂は連続して入って、保温の電気代を節約しましょう。
 
  保温シートを利用しましょう
お風呂に連続して入れないときは保温シートを使い、お湯が冷めるのを防ぎましょう。
 
  夏のお風呂は水を溜めてから沸かそう
夏は大気より水道から出る水のほうが冷たいので、浴槽に水を溜めて、水を温めたから沸かしたほうが電気代の節約になります。
 
冬は大気より水のほうが温かいので、お湯を沸かしながら浴槽に溜めたほうが電気代の節約になります。
 
  ドライヤーは短く
ドライヤーは、お風呂上りに髪を乾かしたり、朝スタイリングに使うなど結構使用します。
 
ドライヤーの消費電量は高く、毎日の積み重ねで電気代を大幅に上げています。ドライヤーを使う際は、できるだけ必要最小限の使用にすることで電気代を抑えることが出来ます。
 
髪を乾かすときは、できるだけ髪の水分をふき取ってからドライヤーを使用するなど使用時間の短縮を。
 
 
 
↑このページのTOPへ
TOP >  >>

 
Copyright(C) 2007 All 内職・節約 暮らしの達人 Rights Reserved